モカどっとこむ

WordPressのcustomize、iPhoneやPC、アフィリエイトなどのジャンルを中心にブログを更新中。投資に関する情報(FX、投資信託)も記事にしています。

iPhone

iPhoneをwifiのみで利用する|海外で通信量を抑える方法

SPONSORD LINK

海外でiPhoneを利用する場合、auだとダブル定額で2,980円/日の料金が発生します。

1人で1日だけなら良いですけど家族で1週間近く海外で過ごすとなると高くてやってられませんよね~。例えば2人で5日間をダブル定額で利用した場合、29,800円!めっちゃ高いや~ん…。

レンタルwifi+wifiのみで接続制限をする事でそんな悩みも解決出来ますよ!

SPONSORD LINK

wifiレンタルとは?

wifiレンタルとはポケットルーターとSIMのセットをレンタルして海外に持ち込みする事が出来ます。

実際にポケットwifiのレンタルをする事になりましたが、色々と調べてみたところ、空港で受取りが出来たり事前に自宅へ配送して貰ったりも可能だったりと、かなり便利にサービスを利用する事が出来る事が解りました。

料金

今回モカはハワイに行く事になり、イモトのwifiを利用する事にしました。

  1. キャリアを利用した場合 → 2,980円/日
  2. イモトwifiを利用した場合 → 980円/日
    尚、紛失、故障なとの補償に入る場合、300円/日の料金が別途発生します。

今回は5日間のレンタルとなりましたので、差額は以下となりました。

  1. キャリア 2,980円*5日=14,900円
  2. イモトwifi 980+300円*6日=7,680円

レンタルwifiの場合は帰国日までレンタルする必要があるので、実質1日分を多く支払う必要がありますがそれでも半額で済みます。もし家族4名とか友達と一緒の場合はもっと有効活用する事が出来ますよね!

iPhoneをwifiのみで利用する

wifiレンタルをしてもiPhoneをwifiのみに制限しないと意味ないですよね~(笑)。

早速ですが、iOS9xでの設定方法を記載しておきなす。

機内モードに設定して全ての通信を遮断!

機内モードに設定してしまえば全て遮断し通信接続する事はありませんので、安心して下さい(笑)。

▼iPhoneの設定から「機内モード」をオンにする

機内モード

機内モードのままwifi設定をオン

▼機内モードをオンにするとwifiがオフに切り替わってしまうので、その後に下にあるwi-fiをオンに設定

機内モード2

これでwifiに接続可能になります!

デメリット

wifiでの接続しか出来ないので「電話の着信、SNSの受信」は出来ません。LINEやSkype、Gmailなどで代用して下さい。また、留守番電話サービスを利用していると通話料金が発生し高額な請求となる場合がありますので、事前に設定をオフにしておく事を忘れずに!

まとめ

海外旅行って何かとお金が掛かるので、少しでも節約したいですよね!電話やSNSは利用出来なくはなりますが今はSkypeやLINEなどの代替え手段があるので、モバイルデータ通信がなくってもレンタルwifiで十分快適に過ごす事が出来ますよ。

レンタルwifiも業者によってサービスが異なりますので、色々と比較してみて下さい。

SPONSORD LINK

-iPhone