モカどっとこむ

WordPressのcustomize、iPhoneやPC、アフィリエイトなどのジャンルを中心にブログを更新中。投資に関する情報(FX、投資信託)も記事にしています。

ploom&その他煙草

禁煙パイポのパイオニア!マルマンの電子パイポをレビュー!

2016/08/09

マルマン電子パイポ

SPONSORD LINK

こんにちは。モカ(@mocakun_tw)です。

以前から気になっていたマルマンの電子パイポを購入してみました!

マルマンと言えば、禁煙パイポ「私はこれでタバコをやめました」のCMでお馴染みですね。電子パイポは禁煙パイポの位置付け(箱に記載有)で、火を使わず、充電して利用するタイプです。マルマンが販売しているのでそれなりの期待と共に購入に至りました。

以前に禁煙パイポを試した事がありますが微妙だった記憶があり、決してタバコではないのでその辺りは期待しすぎない様にはしました(笑)。

SPONSORD LINK

電子パイポとは何か?

マルマン電子タバコ-1

そもそも電子パイポとは何か?って話ですが、加熱式たばこ・紙巻たばこでは「本物の煙草の葉を使用する」のに対し、電子パイポでは「香料入りの液体を専用機器で気化」して「ミストの煙」を作成し、その煙を吸う事で香りや味を楽しむ商品です。

販売元はマルマン社、本体+充電器+専用リキッド(メンソール)のセットで販売価格は2,980円。

電子パイポの特徴

  • 火を使わず充電して利用する
  • 専用のリキッドで香りや味を楽しむ
  • ニコチンが入っていない
  • 煙草のニオイがしない
  • 日本食品衛生法に基づく食品添加物のみを使用
  • プロピレングリコールを使っていない
    (詳細はのちほど記載します。)

当たり前と言えば当たり前ですが、煙草ではないので「煙草のニオイ」や「ヤニ」、「副流煙」などの心配はありません。煙草との違いもありますが、最近、色々と話題となっている「電子たばこのリキッド」に含まれる「プロピレングリコール」が含まれていない事も特徴の一つです。

あくまでも「電子パイポ」であり、「煙草や電子たばこ」とは異なるという事ですね!

プロピレングリコールとは?

電子たばこのリキッドに含まれる成分は「グリセリン」「プロピレングリコール」「香料」となり、その成分の内の1つです。

「プロピレングルコール」は電圧をかけて蒸気を作成する過程で、発がん性物質「ホルムアルデヒド」が作り出される様です。モカが調べたところでは、3.3V以下の電圧では検出されないなどの調査結果もあったり、紙巻たばこの方がリスクが高いなどの記事もあり情報もバラバラ。健康に影響がある事は間違いありませんが、果たして紙巻たばこと比較しどちらがリスクが高いのかは解りませんでした。

電子パイポには「プロピレングリコール」含まれていないので、ここではこの辺りまでとしておきますが、詳細は別途調べて記事にしたいと思います。(個人的に少し興味有り)

実際に電子パイポでリキッドを使用してみた!

今回、モカが使用したリキッドはスターターキットに同梱されていた「メンソール」となります。使用時にはリキッドをアトマイザーと呼ばれている透明筒状の容器にいれて電圧を掛けて蒸気にします。

マルマン電子タバコ-2

左側がアトマイザー、右側がリキッド。

添付の説明書によると、アトマイザーは2週間程度で交換が必要、リキッドは1ヶ月程度(3,000~4,000服)の使用が目安(アトマイザー:734円、リキッド:918円)なので、本体を購入したら後はリキッドのみという事ではなく、アトマイザーの交換がランニングコストとして発生します。

メンソールリキッドを吸った感想

電子パイポを吸った感想は以下でした。

  1. とにかく煙が沢山出る
  2. 「加熱式たばこの蒸気が直ぐに消える」のに対し「電子パイポはそれなりの時間残る」
  3. 「煙草」の煙と比較しても「電子パイポ」の煙の量の方が多い
  4. メンソール自体の味は控えめ
  5. 後味が独特 & 重さを感じる

総合的に考えると、ニコチンが含まれていないので「煙草の変わりにはならない」けども、商品としては成り立っています。しかしながら「非喫煙者がメンソール味を吸う価値は無い」と思いました。

という事で、ターゲットは「喫煙者の禁煙補助アイテム」という位置付けですね!但し、これだけで禁煙が出来るかと言われると「微妙」です…。ま、当時の禁煙パイポの進化版ですね!禁煙パイポよりは断然良いです(笑)。「煙草と電子パイポの両方を使用する」事で、「煙草自体の本数を減らす事が出来そう」だと感じました。

ランニングコスト試算

煙草10本/日(12服)*30日  = 3,600服 と比較して計算しますね。

「電子パイポの場合、約リキッド1本分(918円) + アトマイザー2本(734円*2)= 2,386円」に対し「煙草の場合、1箱460円/2 * 30日 = 6,900円」となるので、半分以下のランニングコストで済みます。「禁煙するのならば、電子パイポの選択は有り」という事になりますね!

まとめ

素直に書きますが、電子パイポの好き嫌いについては「かなりの個人差がある」と感じました。メンソール以外のリキッドは試していないので解りませんが、メンソールのリキッドは「少し重いなぁ、それからもう少しメンソールが強くても良いなぁ」、メンソールってスカッと爽快というのがモカのイメージなので、それとはかなりイメージが違ったというのが率直な感想です。

他のリキッドも購入すると思いますので、その際にはまたレビューしますね!

<関連記事>

PloomTECH(プルームテック)を使ってみた感想!|モカどっとこむ

フレンバー(Frienbr)を使ってみた感想!香りとテイストを楽しめるアイテム!|モカどっとこむ

SPONSORD LINK

-ploom&その他煙草