モカどっとこむ

WordPressのcustomize、iPhoneやPC、アフィリエイトなどのジャンルを中心にブログを更新中。投資に関する情報(FX、投資信託)も記事にしています。

その他

ステンレスのコーヒーフィルターで一味違う珈琲を楽しもう!

coffee steam 1

photo by: waferboard - CC BY 2.0

SPONSORD LINK

こんにちは。モカ(@mocakun_tw)です。

ずっと使用していたプラスチックのフィルターが壊れてしまって色々とフィルターを探していたら、ステンレスのコーヒーフィルターがある事を知って早速購入してみました。紙フィルター使わないで良いので楽かな?と思って購入したんですが、コーヒーの味が全く違ってビックリ!

今までのコーヒーとは全く別世界の味わいを楽しめますよ。

SPONSORD LINK

ステンレスフィルターとは?

コーヒーフィルター-001

見た目の通りですが、ステンレス製のフィルターで紙フィルターが不要です。

紙を通さない為に、コーヒー豆に含まれる油分(コーヒーオイル)、風味などをダイレクトに抽出しコーヒー本来の味を楽しむ事ができ、紙フィルターで淹れたコーヒーと比較すると、豆を変えずともいつもよりも濃く(ガツン)とした味がしました。

ちなみに酸味など豆本来の味は変化ありませんので、そのまま濃い味(強く)になる考えて貰えばオッケーです。

コーヒーの抽出

コーヒーフィルター-002

説明書きには「中挽き」をと記載がありましたが、何時も通り市販の珈琲粉を使用してみたところ、落ちる時間は紙よりも若干短く感じましたがそれほど変化なし。上には若干の油分、そして下には珈琲の微粉が落ちていました。

紙フィルターとは明らかに見た目も違い風味も異なります。とにかく少し強めの味が好みの方や紙フィルターと違った味わいを楽しみたい方にはオススメです!

実はエコでもある

紙フィルターを使用しない分だけ節約にもなりますし、食洗器もオッケーだったりと他にもメリットがあります。モカはセットする手間も省けるのでステンレスの方が楽ちんじゃん!という発想で購入したので、エコとか手間を重視した選択でした(笑)。

煎れた後の珈琲粉は、そのまま流してしまうと排水管が詰まってしまうらしく、三角コーナーに入れました。ちなみに出し殻を乾燥させると消臭効果がある様で、冷蔵庫や靴箱などの消臭に利用している方も居ますよ。

まとめ

ステンレスフィルターで淹れたコーヒーはカフェでの味とも異なり、新しい珈琲の発見でもありました。プラスチック製のフィルターが割れてしまった事がキッカケでしたが、豆以外の要素でここまで味が変化するとは思いませんでした。

モカとしては紙フィルターで淹れた味も悪く無い。なので、紙とステンレスを利用してその日の気分によって使い分け行く事にします!

SPONSORD LINK

-その他